北海道のアイヌの生活

北海道のアイヌの生活は、北海道の情報サイトです

アイヌの伝統文化

北海道現在の北海道には、アイヌの人達が多く住んでいますが、現代の日本人と変わりない生活を送りながらもアイヌとしての伝統も守りつつ生きているとされています。ではその伝統はどのように形成されてきて、今どのような形で守られているのでしょうか。多くの研究者などの手によって北海道において、大昔の人たちが使った石器が発見されていることから数万年前からすでに人が住んでいたことが知られています。本州と同じように縄文時代になり、狩猟・漁労・採集の生活が行われていたそうです。本州などでは、この後の時代は稲作を中心とした弥生時代に入っていきますが、北海道では稲作が行われず、縄文文化を継いだような続縄文時代に入っていきます。それから北海道の広い範囲において本州文化の影響を大きく受けて擦文文化が広がっていきました。オホーツク海沿岸においては、北方の文化の影響を大きく受けたとされるオホーツク文化が出来上がっていきます。伝統的なアイヌ文化とされている生活様式が形成されていったのは13〜14世紀頃のことだと考えられています。

コエンザイムQ10の天然成分の効果などの情報サイト

日産オートワンのプレセア情報ページ